Aoltanski Animitas

Boltanski  Animitasを見た。庭園美術館での展示も素晴らしかったが、

今回の2016,2017はまた進んだようだ。近づいて見て遠ざかって見て、

立ち止まって見る。動いていく影や、草の乾いた匂い。映像の明滅から

記憶が混ざっていくような。

表参道のルイ・ヴィトンの会場の大きな窓ガラスから落ちる夕日も

また重ねて美しい。

『きょう、おともだちができたの』絵本原画展

童心社刊の絵本『きょう、おともだちができたの』(作・得田之久 絵・種村有希子)装丁をしました。『きょう、おともだちができたの』種村有希子絵本原画展が3月10日(土)から22日(木)まで谷中のひるねこBOOKSで開かれます。

 

右手後方を空けよ

食器棚を動かしました。洗い物をすぐに収納できる位置(振り返れば、そこに食器棚という)から、ちょっと離れた位置へ、そして空けたスペースに、小さいテーブルを。ちょっとお茶をいただいたり、野菜の下ごしらえ等を座ってできるように。作業しやすくなったという実感より、す早く、右手後方を空けたことで、気が楽になった。動いてもいいのだ、という気分でしょうか。空間と動き。紙面上でも、そんな気分の変化を考えて行きたいと思いました。

コプティック製本

コプティック製本。古い製本技法と本で読みました、ちょと和綴じぽい。気になっていたところ良い折に展示があり、作り初め。糸たわみ、折をわたる糸をも掬い間違う。表紙を透けたよう、モザイクの窓のような、本文に影が落ちるよう、光が入るような面白さを狙いアクリル板を使用。これの重さも、難航の一因。ko

竹尾見本帖本店「本迷宮展」展示中。11月25日まで